/ mail / My-Nikki / message / INFOBAR
070714
22:35追記
ふと思い出したんだけど、最初の頃、何度も更新報告をして投票数を稼ぐのが流行ったような。日記リンクス時代から継承されてたかな?自分にはとてもそんなことはできなかったけど。この当時に中川翔子さんとか猿人登録してばしばし更新報告していたら、きっと叩かれていたんだろうなあw
で、そのうちに更新回数の制限がかかるようになっちゃった。ランキングアップに暗い情熱を傾けている人が結構いたような。自分はマイニッキエンジンの登録者数の方が気になってました。
日記猿人〜才人の年表みたいなもの、どこかにないですかねえ。いや、それこそ自分の過去日記読めばいいのか。今読むと恥ずかしい気も。
前回の更新日は2004.12.16でした。あれから2年半も放っておいてすいません。>各方面
しかも日記才人は今日明日にも閉じてしまうという...。この日記を読める人がいったい何人いるんだろう。思えば、登録番号38番を頂き「おみやのお散歩日記」を始め、しばらくして99番を頂いて「days.」を始めました。当初は色々日記ネタも多くて、オフミも盛んだったので、いい時期に日記を書けて良かったと思っています。日記を起点にあれこれ動いていたのは多分2000年になる前までで、その後は少し距離を置いて日記とつきあっていた感があります。身の回りで大きな変化があったり、色々辛い事が多かったこともあって、筆が進まない状態になってしまったような気がします。
今はというと、mixiでちょこちょこ短文を書いてはいますが、二週間ほどで消しながらの更新をしています。すでに1000万人突破ということでもはやクローズドなコミュニティではありませんが、空メールボタンに馴染みすぎた自分にとっては、 コメントや足跡主体のそれは今ひとつしっくりこなかったりもします。考えてみれば、日記猿人200人時代の頃は、個人サイトそれ自身がクローズドな公開の場だったし、当時はプロバイダも数えるほどで個人サイトの敷居が高かったことが、逆に内部でものすごく濃いものになっていたのでしょう。今はフリーwebスペースどころか、weblog単体だけ、というところまで単純化されてしまっているんだし。
自分の場合、本当に「書けること」「書きたいこと」が少なくなってしまったのが日記から遠ざかった一番の理由です。特にこの5〜6年の自分はある意味空っぽです。無駄な時間を過ごしたといえば言い過ぎですが、今現在の自分から見れば、自分のやりたいことが全くできていなかった.かも。
今、ちょっと欲しいものがあります。まだ内緒です(笑) でも、こうして文章を連ねていると、昔の懐かしい記憶が思い出されてきます。多分、日記再開できるでしょう。とりあえず、空メールボタン押しといて頂ければ、再開のおりにはご連絡さしあげます。またはマイミク申請ですか。それでは、また。

撮影に使ったデジタルカメラは特に表記なき場合 SONY DSC-U10です。